妊娠率を上げる技術|安心して出産ができる助産院が此処に在り!

安心して出産ができる助産院が此処に在り!

医師

妊娠率を上げる技術

女医

健全な受精卵を選別

着床前診断は、体外受精で育った受精卵の胚の細胞を採取することによって行います。体外受精を希望する女性の多くは、高齢であるケースがほとんどです。女性の年齢が上がるにつれて、卵子の老化が進みます。その結果、流産率が上がると同時に、染色体の異常がある子どもが生まれやすくなります。また、夫婦のどちらかに遺伝的な持病がある場合も同様です。そこで、着床前診断が活用されています。これを受ける工夫によって、遺伝子の以上や遺伝病を早期に発見できます。ゆえに、健全な受精卵を選別して妊娠率を上げられメリットがあります。着床前診断は、出生前診断より前の段階で胎児の状態を知ることができます。よって、産まない選択をする際に、母体への負担が少なくて済みます。そのうえ、流産や感染症のリスクを最大限に回避できます。

対象者が限定されています

着床前診断ついて知っておくと良い情報は、対象者が限定されている点です。現在、着床前診断が受けられる条件に合致するケースは、不妊症で体外受精を希望している人・習慣流産を経験している人・妻または夫に遺伝病がある人です。また、着床前診断には、アレイCGH法とPCR法の2種類があります。アレイCGH法は、すべての染色体を調べます。人間が持つ24種類の染色体について、長さや数の以上を確認して、正常な胚を選別します。PCR法は、遺伝病を調べる目的を有しています。胚が持つ遺伝子を採取して、増殖して解析すれは、遺伝病に関わる塩基配列の読み取りが可能です。よって、生まれてくる子どもに病気があるかどうかを把握をできます。